なぜクレジットカード会社は現金化を恐れているのか?

クレジットカードによる現金化を行うことが、発行元である会社にバレてしまうようなことがあれば、利用停止になる可能性が高いです。このように発行元は現金化をとても恐れています。その理由を知れば、その意味がわかるでしょう。

損失をすべて受け継ぐことになる

発行元にとってはすべて損失を被ることになってしまいます。利用したあとそのまま債務整理などで逃げられてしまえば、それだけで損失になりますし、回収できなければ意味がありません。また詐欺行為が成立してしまえば、被害者となるでしょう。損失を被ることを避けるために、現金化に対して厳しい措置を行っているのがクレイットカードの発行元です。

支払いが終わるまでは発行元が所有することになっている

クレジットカードで支払いをした場合、購入した製品というのは、支払いが終わるまでは発行元にあるとされています。分割やボーナス、またはリボで支払う場合、それが終わるまでは、自分のものではないという考えです。このようなことから、横領や詐欺行為に抵触する恐れがありますので、利用者は十分気を付けておくべきです。ちなみに現金化によって利用者が検挙されたことはまだありません。それに伴う法律がないのが大きな理由になっています。

カード支払いも厳格に監視されていることを忘れないように

どこのお店で購入し、そして品目についても明細で確認することができ、金額に不審と感じれば、発行元からお尋ねがくることもあります。それほど現金化を恐れていることを知っておきましょう。

現金化による利用停止を避けるためには

ただひとつ現金化業者を利用するのは、最も安全な対策のひとつです。自分で行うからこそ失敗をすることになりますので、業者を通した方が安心できます。

関連する記事