クレジットカード現金化で恐るべきこと

審査をすることなく、書面上の契約を交わす必要もないことから、気軽なお金の工面方法になるのがクレジットカードの現金化です。しかし恐れないといけないこともあります。これについて理解いる人とそうではない人では、後悔の程度も違ってきますので、しっかり把握しておきましょう。

クレジットカードが使えなくなる可能

すべてといっていいほど、カードを発行している会社は現金化を利用規約で禁止しています。そのようなことからバレてしまうようなことがあれば、利用停止処分を受けることも。それだけではなく、利用した分を一括返金しなければいけなくなることもありますので、十分注意しましょう。業者を通せばそのようなことは極力少なくなりますので、必ず業者を通して利用してください。

出費が多くなる

換金率によって還元される金額が変わってきますが、まずそこで利用者は損失を受けることになります。なるたけ換金率が高い業者を利用するのは当然です。またそれだけではなく、クレジットカードを使っていることから、その支払いが待っています。1回やボーナス支払いになれば手数料が取られることは少ないですが、分割もしくはリボ支払いにすると、それだけで余計な出費が増えてしまうことも。

業者は貸金業者ではありませんが、金利として換算すると利息制限法で定められている上限となっている20%をはるかに超えることになりますので、その点は理解しておきましょう。

恐れるポイントを理解しておこう

このようなポイントがクレジットカード現金化を利用するうえで恐れるべきポイントになっています。防げること、使い過ぎに注意すれば大きな問題にならないことになりますので、利用を検討している人にこそ知っておくべきことです。

関連する記事